サイト運営

レンタルサーバーおすすめ比較でweb運営の一歩を踏み出す

更新日:

レンタルサーバーおすすめ

独自ドメインでブログ開設や、ホームページの運営をする際に必要になるレンタルサーバー。GMO系やネットオウルなど多くのレンタルサーバー会社がありますが、ずばりおすすめをご紹介します。

レンタルサーバーの比較ポイント5つ

  • 安価で運用できるかどうか
  • 安定性などの性能重視
  • 他のサービスと連動できる拡張性
  • サーバートラブル時の対応
  • コントロールパネルの使いやすさ

ずばり、レンタルサーバーを契約するときの比較ポイントってこの6つなんだと思うんですよね。この記事ではこの5点をいろいろ考えながら、それぞれを重視したときのおすすめのレンタルサーバーをご紹介していきます。

1.安価で運用できるかどうか

レンタルサーバーサービスは、初期費用など安く始めることができるところがとてもたくさんあります。付随するサービスにドメインや、SSLなどがあるので将来もしも使うかもしれないサービスがあるならその使いたいモノがあるところを選びましょう。基本的に数ヶ月更新~年間更新といった定期購入の形をとるレンタルサーバー会社が多いですね。

安さならロリポップ エコノミープラン

インターネット上で知らない人はいないと思うくらいのレンタルサーバー屋さん。webやホームページをここまでカジュアル化させたのはここの会社さんでしょう。

月100円のエコノミープラン(10GB/マルチドメイン20個)は破格のお値段です。

さくらのライトプラン

さくらサーバーの月129円のライトプラン(10GB/マルチドメイン20個)はロリポップに次いでお安い値段。キャッチコピーは「缶ジュース1本分の値段でスタートできるお手軽プラン!」とのこと。

ネットオウルのミニバード&ウェブクロウ

ちなみにネットオウル社にはミニバードという格安サーバーがある。こちらは月250円のプラン(50GB/マルチドメイン50個)という使いドコロを考えると、ロリポップやさくらと違って余地が現れてくる感じだ。

また、このウェブクロウというサービス、広告なしでも使える無料サーバーなのだ。ドメイン数は限られるが、広告無し・MySQL・容量を増やす、の3択が選べる。

2.安定性などの性能重視

安定稼働のエックスサーバー

サーバーの安定性なら「エックスサーバー」がおすすめです。サイト上でも稼働率99.99%を謳い、限りなく100%を目指しているため、一秒たりともサーバーをお落としていたくない中規模・大規模の企業サイトに向いています。

最安は月1000円(初期費用/MySQL50個/200GB/マルチドメイン無制限)です。

3.他のサービスと連動できる拡張性

レンタルサーバーはこの単体で使えるものではありません。複数のサーバー、ドメインサービス、お支払いなど、web運用に必要ないくつものサービスと掛け合わせで操作性が楽だという価値ができてくるものです。

ペーパーアンドコー社

ロリポップのペーパーアンドコー社のサービスは、横のつながりがとても視覚的にわかりやすく、ネットマネーサービスの「おさいぽ」がその多くを物語っています。

ロリポップのサーバー代、ヘテムルのサーバー代、ムームードメインのドメイン更新費用、SSLの契約費用など、グループ内の関連サービスの費用を一括でお支払い管理ができるすぐれもので、取引履歴をエクセルファイルでダウンロードして管理できるのでとても重宝するでしょう。

ネットオウル社

ペーパーアンドコーの利便性にいまひとつ追いつかないのがネットオウル。複数サービス連携はしていないので、現時点では不便さもそこまでないのですが、メインにするときは少し決済を楽にして欲しいですね。ペイパル決済に対応してもらえるだけでも十分ちがう。

バリューサーバー

お次はこちらのバリューサーバ。レンタルサーバーサービスが幅広く展開していて、バリューサーバー、CORESERVER、COREPRESS Cloud、XREAなどを展開しています。決済もまとめてできるので便利なのですがカンジンのドメインの管理の使い勝手に、初心者だと混乱するような操作があるので初心者にはおすすめできません。

4.サーバートラブル時の対応

webサーバーは時として「落ちる」ものです。主にそのサーバーへのアクセスがとても高くなった(キャパシティを超えたアクセスの集中)ときや、他の同居サイトで高負荷のプログラムを使用したり、dDosなどに代表する「スパム攻撃」により落ちることがあります。

そういったトラブルが発生した時にいちはやく問い合わせして、レスポンスを返してくれるサーバーでおすすめのところは「ヘテムル」です。

顧客対応の良いヘテムル サーバー

過去幾度か運用しているウェブサイトがトラブルに巻き込まれ、表示されなかったり501エラーで非表示が続いたりしたときがありましたが、問い合わせするととてもすばやく解決に向かうことができました。

ヘテムル側がどうしても手を出せない案件については(私が対応してなかったのが悪い)細かく真摯にサポートしてくれて、とても助かった記憶があります。

5.コントロールパネルの使いやすさ

最後に、使い勝手の部分のお話をしましょう。

ウェブサイトの運用をしていて一番多いのはドメインの設定・更新などです。HTMLを更新するのはFTP経由、CMS経由が増えてきているのでコントロールパネル以外での操作になってきてます。

ドメインの設定で親切なのはヘテムル、ちゅらうみサーバーさん、ネットオウル系が視覚的にわかりやすかったですね。初心者向けのイメージではありますが、使いやすさを追求している感じがあるので、今後の伸びにも期待ができるでしょう。

-サイト運営

Copyright© レンタルキブン , 2017 All Rights Reserved.